流れる季節の中で

アクセスカウンタ

zoom RSS 【実験教室】発泡スチロールで分子模型

<<   作成日時 : 2012/06/16 19:35   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

きょうの実験教室は発砲スチロール球を使って分子模型を作りました.

手芸屋さんなどで売っている発泡スチロール球を切って,ポスカで塗って,木工ボンドで貼って完成.

画像



前列左から水,二酸化炭素,アンモニア
後列左からエタノール,メタンです.

ちょっと大きさが分かりにくいですが,白い発泡スチロール球の直径が25mmです.
実際の分子の約1億倍になっています.

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

コメント(1件)

内 容 ニックネーム/日時
最近のニュース・事前に呼応することをすでに授業でやっていられるのですね。
日常的に先生は偉いですよね。
Tatehiko
2012/07/07 21:01

コメントする help

ニックネーム
本 文
【実験教室】発泡スチロールで分子模型 流れる季節の中で/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる